30代男性のモテ服@服と身体の関係性の経験をシェアします。

30代男性のモテ服をもっとみてみる

 

 

30代男性のモテ服@服と身体の関係性の経験をシェアします。

 

私が30代男性のモテ服、休日にの私服の時に絶えず悩み、「これなら大丈夫!」とか「このコーディネートはダサい!」とか思う基準の一つに服と自分の身体の関係性があります。20代の頃の体型がそのままという訳ではありません。しかし、30代になってもその体型は体重にして5キロほど増加しただけの私。周りの人で20キロ太った人などもいますが、その様な人はそもそも20代の頃の服は着れなくなっており、年相応の服を購入しているはずです。しかし、私の場合、それが微妙なのです。自分がイケてると思って妙に頑張ってしまって着る服装。30代ともなれば落ち着いてきてもいい年頃なのに、変に雑誌を熟読して着てしまう服装は、雑誌のモデルと自分は違うのだから、自分の体型や顔にあっていなく、ダサく見えてしまうのです。

 

以前から体の線にピッタリの服を着る傾向にある私は、ある時自分自身でその姿を見て、ダサいのを通り越し、寒く感じました。ぴっちりした服が好みなのですが、筋肉ムキムキという訳でもなく、20代の頃に比べると若干体型もゆるくなっているのですから、少し和らげた服装を着れば良いと思うようになりました。どうしても服を買いに行くときに、服を売っている人も、その時の服装を見て、ぴっちりした服を進めてくるのが良くわかるのです。しかし30代男性のモテ服、その言葉に乗ることなく、自分自身の服装を変化させていく必要があると感じています。自分のダサ男ぶりに気付かないダサ男さんにならないように、注意しなければなりませんね。30代男性のダサいと思われる服とは、自分自身が自意識過剰なくらいの人が陥りがちのものだと思います。30代男性のモテ服は彼女のコーディネートに素直に従って着る服はそんなことになならないはずだとも思いました。