メンズ全身コーデ通販@30代で超絶適当な服装をしている人達に捧ぐ

理想的な社会人男性の私服をもっとみてみる

 

 

メンズ全身コーデ通販@30代で超絶適当な服装をしている人達に捧ぐ

 

私がメンズ全身コーデで「カッコ悪いな」と思ってしまう人は、「自分は身なりに気を使っていない!」とわざわざ世間にアピールしている人達の中で、特に考えもなく空論を持ちだす人間です。何しろ、彼らは、本気で「高い服を着ているならカッコよく見えて当然だ!」と思い込んでいるらしいのです・・世間でオシャレだと認められている(大手セレクトショップ等のことを言っているのでしょうか・・?)」「服屋」で、大枚はたいて洋服を買えば、「カッコよくなる」と思っているらしいのです。

 

つまりメンズ全身コーデ通販、「カッコよく見える」=「金がかかっている」ということだと無条件に思いたがるようですね。そういう人たちは、大抵まとまりのない、支離滅裂な服装をしております。私が、白のボタンダウンシャツにベージュのチノパン、という服装で歩いているのを見て、「いい服着てる!」「カッコつけるな!」と平気で言いがかりをつける人たち(驚きですよね?)・・その時期は、GUで990円で買った、何の変哲もないベーシックな白のボタンダウンシャツを着ておりました。パンツも1万円しない物です。では、自分自身で実際にやってみればいいのにね・・それでカッコよく見えるのかどうか。

 

彼らは例外なくメンズ全身コーデ通販で、「金をかければ良く見える」と主張するのですが、もしそうなら、白のインディビジュアライスドシャツにインコテックスのベージュのパンツを合わせれば、誰でもカッコよくなるわけです。その上下だけで、もう5万円以上かかっているわけですが。靴に上等な物(例えば、パラブーツとか)を持ってくれば、一瞬で10万円を超えます。シャツ+パンツの、ワン・ツーコーデに、靴のみで、十数万円・・それだけで、誰もがカッコよく見えるとでも言うのでしょうか?

 

そもそも、白シャツにベージュのパンツ「ほぼそれだけ」、というのは誤魔化しがききません。それをやるなら、「自分にとって最適なサイズバランスが分かっている」ということが最低条件になってしまうので、難しいことを覚悟しておくべきです。ですから、出来もしない難しいことをベラベラと主張している人とは、最初から話が通じない・・私が彼らの立場であれば、メンズ全身コーデ通販で人気ショップで「使える洋服」を全身統一感を持って1式コーデ買いあたりから始めてみたいと思います。それなら、少なくとも「服屋に着ていく服がない」状況は避けられるかと思います。