30代男性私服@ちょっと女性目線で許されないコーデって知ってる?

理想的な社会人男性の私服をもっとみてみる

 

 

30代男性私服@ちょっと女性目線で許されないコーデって知ってる?

 

30代男性私服で自分が年を重ねていることを認めたくないのか単に気づかないのか、若作りしているわけではないのに幼い服装をしている30代男性はダサいと思います。プリントされたTシャツやトレーナー、パーカーなど着ている人は個人的には論外です。それを選ぶくらいならまだ無地の方が遥かにマシなのに、と思ってしまいます。また、全身をカジュアルでまとめた服装は30代になった顔にはそぐわない感じがしてダサく感じます。また、ブランドを「名前だけで選んで」着ている人。高い服を即良い物と短絡的に考えている人も、そういう着方は20代前半で卒業してくださいと言いたくなります。ロゴがこれ見よがしにアピールされた服やロゴがなくても一見して判る独特なデザインのブランドの服を着ている人など、ダサいを通り越してイタイと思います。30代になっても未だに高い物で全身を固めればおしゃれと勘違いしている人は、よほどお金に余裕があるのだろうとも思いますが、それで頑張ってる感を全身に漂わせている人は幼い格好同様にダサいと感じます。

 

また30代男性私服って、体形の変化に合わせて服のサイズを変えない人もダサいと思います。男性は挨拶代わりに「30代になると体形が変わる云々」を口にする人が多い気がします。それなのに30代男性私服でその変化した体形を矯正するか体形に合っていない服をムリヤリ着ているかの人がほとんどなのは気のせいでしょうか。身体に密着するようにピタッとし過ぎていても、逆にダボついていても、体形に合っていないサイズの服を着ているとそれだけでダサく感じます。口で体形を気にしているようなことを言うだけで、現実は体形の把握を怠っていると白状しているようなものだと思います。普遍的な服をさらっと着こなせている人が私は好きです。また、体形に合ったサイズの服を着ていること、身だしなみがきちんとできていることなど、当たり前のことが自然に身に着いている人が個人的にステキだと思います。懲りすぎていたり頑張っている感じが全面に出ているのがもう許される年齢ではないと、当たり前にわかっていなくてはならない年代が30代男性私服だと思うのですが。