メンズ冬服コーディネートの極意!ダサいって本質から自分を見つめる

30代全身コーディネート通販をもっとみてみる

 

 

メンズ冬服コーディネートの極意!ダサいって本質から自分を見つめる

 

メンズ冬服コーディネートも含み「ダサい」という言葉が日本に出てきて、いったいどのくらい経つのでしょうか。そして、みなさんはこの「ダサい」という言葉について、どういう意見を持っているのでしょうか。もともとは、「この服ダサい。」のように単純に見た目が不恰好だといった意味として若者を中心にして流行り始めたように思いますし、(なぜか)死語にならずいまだにポピュラーな表現として主にファッションに関する場面でよく使われています。しかし、今ではファッション以外での場面でもこの「ダサい。」は効果的に使われているのではないでしょうか。例えば、「なんか、ここの店員ダサいな。」「あの結末は、ダサかったね。」などといった、内面を批評する場面です。この二つの例で言いますと、人の立ち居振る舞いや人の生き様や姿勢に関する場面で「ダサい。」を使っています。そして、映画や小説などのエンタメや芸術作品に対して、「ダサい。」が使われることもあります。

 

特にメンズ冬服コーディネートも大切な要素ではありますが、男性は内面を重視されますし本人も外見より内面を磨きたいと思っているかたが多いように思います。そして、女性も男性に関しては厳しい目線を持っていますので、内面も外見もダサさをチェックしています。特に、女性も30歳を過ぎると、恋でも仕事でも出会う男性の外見から内面を瞬時に見抜いていたりします。30歳を過ぎた大人の男性、しかも30も後半を過ぎているのに自分らしさがなく流行や女性ウケばかりを気にしているような人は本当に「ダサい」です。

 

メンズ冬服コーディネートで過度にトレンドやブランドを重要視し、口には出さずとも「どうだ俺ってカッコいいだろう。」と体中からメッセージを発信しているような男性はどんなに時間やお金をかけて飾り立てても、「ダサい」のです。女性は、若い人でもそういう内面的なものを見抜いている人は多いです。顔立ちは良くても、顔つきが悪い人は人気がありません。ファッションも、同じです。自分らしく、自然体な人が一番カッコいいです。ナルシストでも傲慢でもなく、自分をちゃんと評価してる人は、等身大のオーラを身に纏っています。社会や人の意見より自分の本音を聴いている人は、自然と自分のスタイル・ファッションが出来上がっていくので落ち着いて自分を見つめてほしいなって思います。 メンズ冬服コーディネートが全くダメな方はシンプルで品のあるコーデが王道です。