夏服30代メンズファッション。「粋や旬」というセンスの本質!

 

 

 

夏服30代メンズファッション。「粋や旬」というセンスの本質!

 

10代20代、多感な時期を通過し、様々な刺激を受け30代へ。その経験から取捨選択をし、自分のファッションが確立されるのが30代メンズファッションです。「30代」は、世間一般的にも万人が言う立派な所謂「おじさん」です。あの頃と同じ格好をしていても、自分は変わらないという根拠の無い自惚れのみで貫こうとする「個性と独自性」。それはもはやファッションでは無いのです。「時代に合わせて流動的に変化順応するもの」を、そう呼ぶという事実を理解していない大人は、見ていて哀れな気持ちになることも。季節感、サイズ感がバラバラ。服の個性が強すぎて、服に着られている感を隠せない格好。若い頃と同じものを着ていても、違和感を与えるだけです。

 

年相応のファッション、それは、「粋や旬」というセンス。己の価値観を体現する方法であり、大人の落ち着きや余裕を感じさせるスタイルです。ファッションは、その人の持つ本来の魅力を引き立たせてくれるものであると同時に、使い方次第ではマイナスになってしまうこともありえます。時代の流れと並行出来ていなければ、それはもう、時代遅れなのです。「ファッション」。着飾る人間がいて、それを見る側がいて初めてその言葉が成り立つことも事実だということ。それを理解せずに、押しつけがましい様な格好をしている30代の男性が「これが自分のファッション」と勘違いしているさまは、間違いなくダサイ以外の何物でも無いでしょう。 私が理想とする、望ましいファッションについてはこれまで述べた通りですが、結局のところ、ファッションを突き詰めてたどり着く先は「シンプル」だという事です。毎シーズン発表される様々なデザイナーのコレクション。

 

それは人が身に纏うファッションとしての「服」の可能性を試行錯誤する場です。毎年発表されるテーマや方向性は当然大きく異なります。服を通じての自己表現、芸術性やメッセ―ジ性を競い合う。実用性すら超越してしまうもの、それこそが「ファッション」なのです。我々素人が100%理解することは難しく、踏み込み難い領域です。しかし、その年の流行色やシルエットだけでも参考にするくらいは出来る筈です。夏ならスパイスとして少しの流行感。そんな「粋や旬」を感じさせる「涼しげでシンプルな30代メンズファッション」こそが、お洒落というのではないでしょうか。