30代男の私服!ファッション興味ない系男子の改造計画

 

 

 

30代男の私服!ファッション興味ない系男子の改造計画

 

男性の30歳代って仕事も落ち着き男としても魅力が増す年代なのに、なぜかあか抜けない男性が多いのはなぜでしょうか?30代男の私服で「あっ、この人ってダサいなあー。」と思う男性が持っているアイテムや服装について説明したいと思います。

 

1、セカンドバッグこの時代でもたま〜に見かけます。
どれだけ高いブランドものであろうが、セカンドバッグを持ってるだけでドン引きです。

 

2、ダサいスニーカー無名ブランドのスニーカー
というより運動靴と呼ぶにふさわしいものや、昔から履いているでろうデザインの古いもの。

 

3、チェックシャツ(重い色)チェックのシャツの中でもダサく見えるのが、
暗い茶色や緑色などの多色系チェックシャツ。
シンプルに青色と白のチェックシャツならオシャレなのにどうしてゴチャゴチャした色を選ぶのか不思議です。

 

4、先がとがった足のサイズより長い靴少し前にはやってたらしき足のサイズよりはるかに長い革靴。
なんか魔女みたいで全体のバランスがおかしくなっていることに気がつきましょう。

 

5、英字プリントのTシャツよっぽどのオシャレな方でないと着こなしが難しい英字プリントのTシャツ。
中学生じゃあるまいし・・・と世の女子は思ってますよ。
6、サイズの合ってない服大きすぎたり小さすぎたり、長すぎたり短すぎたりする服はNG。
自分のサイズはしっかり把握しておきましょう。ざっと挙げましたが、
女性が「この人、ファッションセンスいいな。」って思う男性はやっぱり清潔感のある服装を心がけている人です。

 

ジーンズの膝の裏がシワシワでずっと洗ってないんだろうな〜とか、シャツがヨレヨレしていたりとか、カバンの四隅が真っ黒だったりすると本当にげんなりしてしまいます。 面倒でも洗濯・アイロンはきっちりしましょう。これから服を買う場合は、きれいな色の服を買うように心がけてください。 トップスとボトムスの色の合わせ方は雑誌やインターネットで研究しましょう。色の配分がオシャレの鍵です!

 

30代男の私服でピンクシャツにネイビーパンツ・薄いブルーのシャツに濃い黄土色のズボン 白シャツにカーキパンツなどは一押しです。お買い物に自信のない方は、オシャレな友達と一緒にお買い物に行くことをおすすめします。男性でも女性でもしっかりアドバイスをしてくれるようなお友達は強い味方になってくれますよ。