30代メンズファッション、コーデの主張が強いと品がないです!

30代メンズファッション通販で人気のスプートニクスをみてみる

 

 

30代メンズファッション、コーデの主張が強いと品がないです!

 

30代メンズファッションで完全にアウトのファッションは、ジャージです。上下スウェット姿で外出されても目も当てられません(ごめんなさい)。でもそれぐらい、周りに気を使っていない、更には、自分のことも大切にしていないように思います。ブランドのスーツを着こなしてとは言いませんが、季節感のある色や生地に気を付けて普段を装ってほしいですね。

 

季節感のある色について具体的に言えば、春ならば、春らしい淡い色合いがどこかに入っていたり、そのアクセントで靴は濃い色にしたりなど、総合的なバランスに気を付けてほしいです。淡い色がいいからと、上も淡い色で、パンツも淡い色、しかも靴下まで、だったら、折角のコーディネートもがっかりです。季節感についてもう少し言うと、冬の間、シーズン通して、同じジャケットを着るのもやめてください、と身近な人だったら言いたくなります。

 

30代メンズファッションでジャケットもジーンズやコーデュロイなど、パンツの色や生地、またインナーとの色で着て貰えると、通りかかっただけでも、「あ!」っと目を引きます。それに付随して、どんな時も同じ鞄というのも、残念に思います。女性ほど鞄を変えるとは言いませんし、変えなくていいですが、スーツ姿でも、バックパックは、直ぐにがっかりです。勿論、スーツ姿に、スニーカーも論外ですけど。

 

30代メンズファッションのコーディネートとして、上下柄物も残念に見えてしまいます。好みとしては、インナーのカッターシャツに、靴下が同じ色であったり、シャツの柄にデザインされている色目のものを靴や靴下に取り入れているだけで、「ちょっと気を使っている人だな」と思います。全体のバランスの中にみえる色使いが適度に同じであると好感を持ちます。そして、アイロンをかけたきっちりのハンカチや、真逆のクシャクシャになっているハンカチはいりませんが、干した物をそのまま丁寧にたたんであるハンカチを持っているだけでも、品の良さを感じます。