秋服メンズコーデ!街並みに溶け込む女子モテスタイル≪具体例≫

 

 

 

秋服メンズコーデ!街並みに溶け込む女子モテスタイル≪具体例≫

 

秋服メンズコーデで、別に最新流行の格好をして欲しいと思ったりはしませんけど、すれ違う男性の服装で「素敵だな」と思うのはやっぱり一緒に歩く、ということを念頭にして判断しているような気がします。そういう意味で一番思うのが季節の街並みに溶け込む格好をして欲しいな、ということ。もちろん色の好みとかは人それぞれですから、あまり押し付けるようなことはしたくありませんけど、「その季節にふさわしい色」ってあるとは思うんですよね。秋服メンズコーデの着こなしで、例えば鮮やかなイエローやペパーミントグリーンって春とか夏の街角で見かけたら「素敵だな」って思うことも多いと思うんですよ。

 

だけど秋服メンズコーデ、秋が深まっていく街角、特に街路樹のあるような通りとかにそんな色の洋服を着た人がいたら、正直かなり「悪目立ち」しちゃうような気がしませんか。例え素材がウールとかでも遠くからとかだと質感なんてわかりませんよね。ちょっとNGだなって思うんです。それと、素材ということでいえば、秋の服装って夏より素材感が大切な気がします。夏だと例え彼氏が着ているシャツの素材がリネンでもコットンでも混紡でも大して気にならないんです。汗びっしょりとかじゃなくて、涼しそうな色とか逆にビタミンカラーで真夏の日差しに映えるとかだったらそっちのほうに目がいきます。

 

でも秋服メンズコーデで秋はたとえ触れなくても、素材感がすごく大きいと思うんですよね。見た目がふわもこだったり、暖かそうだったりすると見ているこちらもなんとなくあったかく感じますけど、深い色で素敵だな、と思っても明らかナイロン素材だったり、見るからにテロテロした質感だったりすると、本当は暖かいのかも知れないけどなんとなく見てるこっちは暖かく感じないというか。秋服メンズコーデ!素材感と色が秋、という季節にあった感じの服装をしてもらいたいですね。

 

30代メンズファッション通販で人気のスプートニクスをみてみる