30代メンズコーディネート!ドン引きな「ダサい」着こなし具体例

 

 

 

30代メンズコーディネート!ドン引きな「ダサい」着こなし具体例

 

 

30代メンズコーディネート!普段はスーツや制服・作業着で仕事モードで男らしく女性からも好評価、仕事も出来るしかっこいい。でも実は私服に難ありな人も意外に多い?そんな切実な30代の男性ファッションのコーディネートを紹介していたいと思います。

 

【1.ギャル男なホスト系】
じゃらじゃらアクセサリーにつま先のものすごく尖った靴。どこかのホストクラブの方ですか?と聞きたくなるようなファッション。好みがあるので何とも言えませんが大人な30代男性の服装としては客観的に見て少し痛々しい服装です。キメ過ぎ感が痛々しい…普段の服装からのギャップが激しくて驚かれるでしょう。

 

【2.見た目が怖いオラオラ系】
上下セットアップの黒いブランドジャージ、ファスナーやロゴはゴールドな服装やTシャツやハーフパンツをはいている人が体にフィットするように着用するレギンスやサポーター。正直な所怖いです。かっこいいというより怖いお兄さんです。ダサコワファッションで威圧的な印象を与えてしまうことでしょう。

 

【3.全身和柄コーデ】
和柄の好きな30代男性もいらっしゃると思います。一部に自身の好きな柄を取り入れるのはおしゃれだと思いますが、限度を知らず全身柄コーデはちょっと引きます。ハンチングの帽子・Tシャツ・デニム・スニーカーという出で立ちはシンプルであれば素敵なファッションですが、これに全部和柄が施されていたらどうでしょう。こだわっているのにダサいとは悲しいですね。ファッションにこだわりは大切ですが、時には足し算では無く引き算でコーディネートを考える事も必要です。

 

【4.何だか小汚い服装】
何年前に買ったの?と聞きたくなるような色褪せたシャツ。お気に入りなのはわかりますが清潔感に欠けてしまいます。これはダサい域を超えていますね。そして年齢関係なくヨレヨレの服はかっこ悪いです。洋服の価格もピンからキリまでありますので是非新調して欲しいものです。清潔感さえあれば決して高い物を着ていなくても良いんです。

 

ちなみに個人的に好きな30代メンズコーディネートの服装は派手な服装でなく無地のTシャツやポロシャツをさらりと着ておしゃれなハットをかぶるスタイルが好みです。「ダサい」ファツションになっていないか、家を出る前に一度鏡でチェックしてから出かけたいものです。

 

30代メンズファッション通販で人気のスプートニクスをみてみる