30代メンズファッション!ブランド同色で統一した服、要注意!

30代メンズファッション通販で人気のスプートニクスをみてみる

 

 

30代メンズファッション!ブランド同色で統一した服、要注意!

 

30代の男性って、一番カッコいいブランドイメージがある年代ではないでしょうか。少なくとも私には30代の男性があらゆる面で一番磨きがかかった年代に思えるのです。その30代の男性の服装を見えて「なんかちがうよな〜」と残念に思わされる瞬間があります。それは第一印象で目につく服装ですよね。

 

まず、一番ダサいと感じてしまうのは、肩から足まで(靴下は見えないのでわかりませんが)同色の服を着ている男性を見たときです。とくに、黒、青など濃い色一色で服装を統一している方がたまにいますが、これは完全にアウトですね。グラデーションが多少あり濃淡を出していたとしても、やっぱり同色系の服装をしている人はダサいというイメージが消えません。

 

ではどんな30代メンズファッションの服装をすればダサい領域から外れるかというと、最低1枚は白やピンクなど、「あら、なんか気分が明るくなるわね!」と思わせるようなおしゃれ感を出した服装をしているかどうかです。一見渋い系の色(黒、濃青など)はかっこよく見えそうですが、やっぱり暗く見えます。これって、せっかく仕事ができてもなんだか服装で損してますよね。男性の皆様は見直す価値十分ありですよ!

 

また、いくら同色系でないと言えども、明るすぎる服装もダメです。ようはメリハリのある服装を心がけるとよいのではないかと思います。渋い系の色で統一するのはダサいと言いましたが、同時に明るい系の色で統一するのもアウトです。なぜならこのような服装をされると、なんだか近寄りがたいし、まず眩しすぎます。軽いイメージもあるし、服装のセンスが渋い系で統一しているのより、10倍も20倍も悪くなる印象さえ与えてしまうからです。さらに明るすぎる色はスタイルが悪く見える傾向があるので、どうしてもダサい感が消えませんね。

 

というわけで、私は責任感の大きい30代男性の皆様には、ぜひ、さりげなく明るさを与えてくれるような、濃淡をうまく服装に取り入れたそんな着こなしをしてほしいと思います。