30代メンズ服の着こなし@体型に合っていない服装はやめなさい!

30代メンズ服の着こなしコーデをもっとみてみる

 

 

30代メンズ服の着こなし@体型に合っていない服装はやめなさい!

 

最近は30代メンズ服の着こなしでオシャレな人が増えてきた気はしますが、普段着を着た30代男性を想定した場合、どうしても受け付けにくいタイプの服装をしている人がいます。スーツの場合は正直なところ、このダサさというのが目立ちにくいのですが、私服になるとそれは一目瞭然なんですよね。まず最初に何よりもダサいと感じてしまう服装というのは、流行を追いかけた服装をしている人です。ここで大切なことがあります。それはその流行が30代メンズ服の着こなしで体型や髪型などに合っている服であればカッコよくみえるので大歓迎なのですが、これに当てはまる人ってそう多くはないと思うんです。例えば、流行のストールを巻いてオシャレ度アップを図っていた男性を以前よく見かけましたが、その前に自分の体型と髪型などが本当にストールを巻いたところで似合っているのかをよく観察してほしいと思いますね。

 

例えば30代メンズ服の着こなしで芸能人で言うと、もこみち君のようなスタイルのよいスラっとしたタイプの男性であれば「おっ!好感度抜群」と思ってしまいますが、全体の服装のバランスなども考えずにただ単にストールだけにアクセントをもってきた服装をしている人はどうしてもバランスが悪いのでダサさが出てしまっているんですよね。よく勘違いしているのではないだろうかと思ってしまう30代男性を見かけますが、足が短いのにスリムジーンズを履いている人はアウトでしょう。それも、スリムジーンズだけで済むだけでなく、上着のシャツまで短めのピチッとしたタイプのシャツを着ている男性はどうなんだろうと思ってしまいます。体を鍛えているからそれが象徴されるような服装をしたいのかもしれませんが、こんなスタイルの男性をみて素敵だなぁとはまず思えませんね。よって30代メンズ服の着こなし、私の視点では30代男性であれば、まずは自分の体型を的確に判断した上で、どちらかというと明るめのゆるめのシャツとスリム過ぎないストレートパンツ、そしてワンポイントとして好感度を上げるベルトで決めてほしいですね。