夏服メンズファッション、百年の恋も冷める彼の服装に要注意。

 

 

 

夏服メンズファッション、百年の恋も冷める彼の服装に要注意。

 

私の夏服メンズファッションで百年の恋も冷める彼の服装事件を聞いてください。私は学生の時にテニスサークルに入り、そこで1年上の先輩と出会いました。とても優しくテニスもうまく私の中で憧れの先輩でした。練習や合宿で一緒に過ごす時間が増え、ついに私はその彼と付き合うことになりました。私と彼は大学が違うので会うのはいつもサークルの時でした。ですからいつもお互いスポーツ系の服装かジャージでしか会っていなかったのです。でも彼のスポーツ系の服装はよく似合い爽やかでかっこ良かったので、私はますます彼を好きになっていくばかりでした。そして事件が起こったのです。

 

二人で休日に横浜デートをしようということになり、初めて私服集合です。私はワンピースで女の子らしくしてみました。ドキドキで待っている中、彼はなんと夏服メンズファッションでアンバランスな格好で登場したのです。彼の夏服メンズファッションは竜のような柄のTシャツに黄土色のベストを重ねて、ジーパンにインした状態で茶色の太いベルトで締めていました。極めつけはブーツをズボンをインして履いていたのです。冬でもないのに、ブーツをはいている人は彼だけで、私は恥ずかしくて仕方なかったです。なんでウエスタン調なんだろうと思ったら、彼は古着が好きということでした。あんなかっこ良くて大好きだった私の心は一瞬のうちに冷めてしまったかもしれません。私は決して見た目で彼を決めたわけでもありませんし、むしろ服装で冷めるとかありえないと思っていましたが、かなり彼への気持ちが薄れていくのが自分でも分かりました。

 

ただこの一度でなく何回かその後デートした時も服装がアンバランスでした。夏服メンズファッションで緑と黒のボーダーシャツに赤いスニーカーを履いてきたときにはスイカかとつっこみたくなりました。小花柄のシャツやブーツ、ぴちぴちジーパンは彼の中で定番らしく古着というよりウエスタン系です。私は声を大にして言いたいです。彼に着て欲しくない服装はウエスタン系の服装です。特にズボンにシャツをインしてベルトをするのとブーツにズボンをインして履くのは絶対にNGです。また夏服メンズファッション、ぴたTも着て欲しくありません。

 

30代男のモテファッションをもっとみてみる