メンズ夏服コーデ@絶対やめてほしい、チェックシャツに迷彩柄パンツ

 

 

 

メンズ夏服コーデ@絶対やめてほしい、チェックシャツに迷彩柄パンツ

 

男性は女性と違って、メンズ夏服コーデに対して我慢すると言う事はありません。暑くなれば半袖を着るし、寒くなれば羽織ものを羽織る。春だから少し先取りをして薄着になるなど、現実的ではない提案はあまり受け入れてはくれません。そのため私がスプリングコート着ていても、隣でダウンコートを着ているようなそんなこともよくあったりします。夏に私が気になるのは、ハーフパンツの存在です。ハーフパンツはその人の体型に合うものを必ず選ばないと、中途半端な雰囲気になってしまいがちです。体格のいい人が、綿素材などのはり感のあるハーフパンツを履くと、パツパツになってしまいます。

 

逆にメンズ夏服コーデでガリガリに細い男性がハーフパンツを履くと、少年のようになってしまいがちです。色がとても白かったり、色が白いのにすね毛は濃かったりすると、それもまた難しいです。特にハーフパンツの柄で難しいのは、迷彩柄のものです。なかなかうまく着こなす事は難しく、さりげなく履きこなせる人は限られていると思います。特に迷彩柄のハーフパンツになると、カーゴパンツのように太ももにボリュームのあるポケットが付いているものが多くあります。そういった少しハードでパンチのあるデザインには、やはりシンプルなTシャツ合わせるのがベストです。

 

メンズ夏服コーデの一辺倒になるので、男性はよくトップスにシャツを合わせます。そのシャツを柄物にしてしまう夏のスタイルが私は苦手なのです。特に迷彩柄に柄物の薄い色のチェックのシャツなどの合わせは言語道断です。男性は特に夏はこだわりすぎず、シンプルな装いが1番素敵だと思います。私が1番好きなメンズ夏服コーデの雰囲気の男性は、髪型は短めで、ベージュのチノパンを少しロールアップし、シンプルなTシャツを合わせ、ブラウン系のレザーのサンダルを履くスタイルです。そんなさりげないスタイルが女性は好きなのです。

 

30代男のモテファッションをもっとみてみる